薄毛対策にオススメ!自毛植毛を行う人が増えてきています

脚を組む男性

自毛植毛のアフターケア

自毛植毛の手術が終わり、自分の髪の毛が豊かになった。これでもう虚しい思いをすることなく外を歩ける!と思っている方はちょっと待ってください。自毛植毛は植毛した後のケアが大変重要になります。もしケアを怠った場合、移植した髪の毛がすべて抜け落ちてしまうかもしれません。
植毛とは、抜け落ちた髪の毛に新たに毛を「植え付ける」ことです。「付ける」とは大いに違います。ただ髪の毛をくっつけたのではなく、定着と言って、髪の毛の成長の基となる毛根ごと移植し正常に発毛させるのが目標です。
この定着がポイントとなります。定着するまでは、なるべく髪の毛を清潔な状態のまま、負荷をかけないようにケアしましょう。清潔な状態がいい理由は、感染症にかからない様にするためです。
なので、手術したその日は毛髪全体を水で濡らすだけにします。翌日から洗髪をしてもオーケーです。ですが、痒くても決してガシガシと髪の毛を刺激してはいけません。弱い酸性のシャンプーを使い、移植した部分は水だけで洗い流しましょう。手術から2週間経つまでは、毛髪をよく濡らしたうえで、指でマッサージするようにやさしくやさしく洗いましょう。まだシャンプーを移植した部分にはつけてはいけません。
2週間経ってようやく移植した毛髪が定着します。それからは移植した部分もシャンプーで洗えるようになります。定着するまで時間はかかりますが、根気よくケアしましょう。